電子マネーで消費税アップを乗り切ろう

2014年4月からついに消費税が8%にアップしました。わずか3%のアップだしみんなが負担増えるから仕方ないか・・・と諦めていませんか?

わずか3%と言えどもほとんどの人にとっては
年間消費税は10万円以上の支出増につながります。
特に家族の主であるお父さんにとってはお小遣いが減りますので大打撃?ではないでしょうか?

お母さんにとっては今以上に買い物では広告と睨めっこし少しでも安いスーパーやバーゲンセールの時間帯を探すことが増えるのではないでしょうか?

独身世帯にとっても他人事ではなく、給料が3%以上昇給しなければ実質負担は増えるし、海外旅行に行くにも高額な旅行料金が更に3%上乗せされるのは今以上に行きずらい環境になってしまうのではないでしょうか?

しかし、これをどうやって乗り切っていくかは個人次第ですが、日常のちょっとした心がけ次第では、これまでの消費行動はそのままで増税分を吸収できることをご存じでしょうか?

こちらでは電子マネーとクレジットカードを併用利用する事で消費税アップを乗り切る方法(以下のSTEP1STEP2STEP3を解説しています。

あなたの工夫次第では年間10万円もお得にできるかも知れません。また、他にも4月以降の定期券は3月中に買う等、工夫すればもっと節約できます。

一番人気のクレジットカードは>>>「楽天Edyカード


Sponsored Link



消費税アップを乗り切る方法

買物は電子マネーを使う

  • 生活圏のコンビニやスーパーに合わせて電子マネーと買物先の集中化
  • メインの電子マネーを決めたらチャージで高還元率を得るカードと紐付け
  • Edy,WAONはポストペイ型電子マネーと併用する
  • キャンペーンを見逃さず必ず利用する
  • 電子マネーが利用できるネットショッピングを積極的に利用する
  • タダで電子マネーを入手できる小技を使う

交通機関は交通系電子マネーを使う

  • ポイント制度を有する交通系電子マネーは必ず使う
  • Suicaはビュースイカカードによるオートチャージにする
  • suica圏の新幹線利用ではモバイルSuica特急券を活用

電子マネーのチャージはクレジットカードを使う

  • 最近はチャージでポイントが付与されるクレジットカードが登場している
  • オートチャージ設定ができるクレジットカードが楽でベター

Edyを使う人に最適なクレジットカード

  • 楽天Edyカード

    楽天Edyカード

    Edyから楽天EdyになってEdyチャージ100円あたり1ポイント付与されるようになりました。期間限定でのキャンペーン中ですので、Webでの登録が必要になります。しかし、入会で2000楽天ポイント(期間によっては5000楽天ポイント)貯まり、これらは楽天ショップでの買い物に使えます。楽天Edyカードは定番カードです。

WAONを使う人に最適なクレジットカード

  • イオンカードセレクト

    イオンカードセレクト

    WAONではチャージでポイントが付与されるのはイオンカードセレクトのみ。同カードはイオン銀行に口座を持っていることが必須で、WAONイオン銀行のキャッシュカード、JCB、VISA、MasterCardのいずれかクレジット機能を備えた三位一体型カード。WAONオートチャージの際は金額が口座から引き落とされ、月間WAONオートチャージ利用金額200円毎に1WAONポイントが付与されます。また、普通貯金店頭金利を年0.1%上乗せキャンペーンもある。

  • JALカードTOP&ClubQ

    JALカードTOP&ClubQ

    JALマイレージ会員向けカードにWAONが一体化したJMBWAONカードに対して、JCB、VISA、MasterCard各ブランドのJALカード、あるいはJALカードTOP&ClubQを紐付けしてチャージすると、最大100円あたり1マイルが付与される。JALマイルを貯めているユーザーにお勧めの方法です。

Suicaを使う人に最適なクレジットカード

  • ビックカメラSuicaカード

    ビックカメラSuicaカード

    Suicaのチャージでは、ビュー・スイカ・カードの還元率が常時1.5%で断然お得です。この中でもビックカメラのSuicaカードは年1回でも使えば年会費は無料に。ビックカメラを利用ならビックポイント(基本還元率10%)のポイントカードとも兼ねていますし、ビックポイント1500ポイントをSuica1000円分にもチャージできる。

  • イオンSuicaカード

    イオンSuicaカード

    イオンでの買い物とSuicaを使う人に人気があります。普通貯金店頭金利を年0.1%上乗せキャンペーンが主婦に人気です。

まとめ | 電子マネーで消費税アップを乗り切る!

「買物は電子マネーを使う」+「交通機関は交通系電子マネーを使う」+「電子マネーのチャージはクレジットカードを使う」これらを上手に組み合わせ、さらに他のポイント制度も活用すれば、日常生活で5%以上のポイント還元を得ることはそれほど難しくありません。
つまり、年間10万円もお得になります!



電子マネー選びの注意

周りの人が使っている電子マネーがあなたに最適とは限りません。あなたの日頃の生活パターンで一番使用頻度が多い電子マネーを必ず選び、集約することが大切です。いずれにせよ、「電子マネー=なんだかよくわからないもの」という時代は終わりました。「電子マネー=便利でお得なもの」と時代は変わっています。今や電子マネーは現金を超えた利便性と特典を持っていますので、使わないのは損以外の何物でもない。

サブコンテンツ

このページの先頭へ